医療脱毛に日焼けが与える影響

医療脱毛に日焼けが与える影響

体毛が疎薄人はよりひとしお日焼けに注意する必要があるといえます。それでは日焼けしてはいけないとなると、夏場の酷暑時期だけがその対象であると思いがちなのですが、紫外線が手酷い状態になるのは夏ではないのです。

その上、肌に対して光照射が行われてしまうとやけどになることさえあるので注意が必要だといえます。夏以外の季節の方が紫外線は強壮傾向で、その場合まっ黒にはならないのですが、軽いい日焼けをすることがありますその日焼けも医療脱毛の施術にはだめなのです。

脱毛クリニックとかエステにおいて、脱毛の手法としてはフラッシュ脱毛になるわけですが、その施術で使用する脱毛機器は、なんと黒っぽい部分に反応することで光が照射されるという仕組みなのです。医療脱毛施術期間においては注意し過ぎるくらいでちょうどいいのかもしれません。

医療脱毛を受けている期間中に一番気をつけなければならないのは日焼けであるといえます。軽日焼けでもダメで、なぜかというと、体毛が薄手ということはムダ毛の黒さがもともと目立ちにくいです。

脱毛の施術前に日焼けをしないことは鉄則なのです。ですので、日焼けをしてしまって肌が黒っぽい状態ですと、光の照射はムダ毛ではなく黒くなっている肌にも反応してしまうことになり、結果として適切に脱毛施術が行えなくなるわけです。

そこに日焼けをすることで更にムダ毛がわかりにくくなるのです。別して外出の時とかは、日焼け止めを塗るのはもちろん、帽子を確かにかぶるようにしたり、UVカット効果のある上着を着たり対策をするようにしなければなりません。